「RとLの発音」と「音感」

緒方です、

日本人の苦手な発音
のひとつに

英語の「R」と「L」
の発音があります。


なぜ、日本人が苦手なのか
というと

日本語には、
「R」と「L」の発音の
区別がなく


どちらで発音した
としても

ら行のグループ
「ら・り・る・れ・ろ」
として

認識してしまっている
からです。



つまり、日本人は
幼いときから

「R=L」
として、

言語を使っていた
がために


英語を学ぶ際に
突然、

「らりるれろ」の発音には
2種類あって

「Ra・Ri・Ru・
Re・Ro」と

「La・Li・Lu・
Le・Lo」は、

違うんだよと
言われても

戸惑ってしまう、
というわけです。



でも、注意深く聞けば
初めはわかりづらかった
としても

何度か聞いているうちに
少しずつ違いがわかってくる
ようになります。



これまで、
同じものとして
聞いていたので

ちょっと意識が
それたり

集中力が
切れたりすると

違いが
わからなくなってしまう
かもしれませんが


それでも、
「R」と「L」

その発音の違いを
意識して聞くことを
継続していれば

徐々にわかってくる
ようになると思います。



音感も
それと似たような部分が
あると思います。


これまで、
音楽で使われている音を

「ド・レ・ミ・ファ・
ソ・ラ・シ」

といったように
それぞれを区別して

聞いていなかったが
ために


その違いが
わかりにくいのです。


とはいえ、
注意深く聞いていれば

それぞれの音(の高さ)の
違いがわかると思います。


その違いを
何度も意識して
聞いているうちに

徐々に、
はっきりと判るように
なってきます。


多くのミュージシャンが
「耳コピー」をすることを
薦めるのは

その音(の高さ)の
違いを

意識して聞くことの
鍛錬になるからだ
と思います。



英語の「R」と「L」
の発音の違いが

だんだんと
判ってくるように


音感も
意識しながらトレーニング
していくことで

だんだんと
鍛えられていきます。



banner_03.gif

なぜ!あなたの音感はよくならないのか?

毎日楽器を練習しても音楽スクールやレッスンに通っても
全く音感がよくならなかった人が短期間で
耳コピできるようになったトレーニング法とは?

音大受験性が丸暗記するほど練習している教材を
ドレミ音声で聞き流しトレーニング!

楽器を演奏するひとも、歌をうたうひとも、作曲やアレンジしたい人も
とにかく音感をよくしたいひと必見です

あなたの音感がよくならない理由