楽譜を頭の中で移調するスキル【本日24:00まで】

緒方です、

さっそくですが、

期間限定の特典
15つの音階を練習する
音声は

本日までです。



ハ長調から始まり
基本的に
5度ずつ移調しているので

楽譜は
特に必要ないと思いましたが

楽譜があったほうが
どのような音声なのか
わかりやすいと
思いましたので

念のため、
用意しました。



以下のアドレスから
PDFでダウンロードできますので
ご興味ありましたら
ご確認ください。


■15メジャースケール・トレーニング(楽譜)

http://eartraining.jp/hint/Free/15Scale_Score.pdf



通常の楽曲に比べると
とても短く
単純に思えますが

重要な要素が
詰まっていると
思います。



すべての調を
ハ長調の
「ドレミファソラシド」
くらいのレベルで

スラスラ歌えたり
楽器で弾けたり

頭の中で
イメージできたり
することは


途中で転調する
楽曲にも強くなりますし、


楽譜を瞬時に移調して
演奏するチカラにも
つながります。



ある曲の楽譜を
見ながら

楽譜を書き直すことなく

頭の中で移調して
ピアノを弾けたりしたら
かっこいいですよね。



そして、
いろいろな曲で
それをできるように
なるためには

まず音階のレベルで
スラスラと
移調できないと
いけません。



また、すべての調を
あらかじめ把握していると

昨日のオペラ歌手の
○○くんの話でも
出てきたように

初見(楽譜を初めて見て
演奏する)
にも強くなります。



今、初めて見た楽譜が
あまり演奏したことのない
調だと

どこに#(シャープ)や
b(フラット)がつくのか

一瞬で判断できない
からです。



それでは、本日で
最後になりますので
ご興味ありましたら

以下のページを
確認してみてください。

http://eartraining.jp/hint/







banner_03.gif

なぜ!あなたの音感はよくならないのか?

毎日楽器を練習しても音楽スクールやレッスンに通っても
全く音感がよくならなかった人が短期間で
耳コピできるようになったトレーニング法とは?

音大受験性が丸暗記するほど練習している教材を
ドレミ音声で聞き流しトレーニング!

楽器を演奏するひとも、歌をうたうひとも、作曲やアレンジしたい人も
とにかく音感をよくしたいひと必見です

あなたの音感がよくならない理由