ピアノの嫌いなオペラ歌手【7/15明日まで】 ピアノの嫌いなオペラ歌手【7/15明日まで】

緒方です、

現在、いろいろな
スケールを練習する音声を
期間限定で
付属していますが、

その〆切が明日まで
となっています。



明日は少し用事が
多いので

もしかしたら
連絡できないかも
しれませんので

とりあえず
お伝えしておきます。



少し話が変わりますが
高校時代、

オペラ歌手になりたい
友人がいました。


そして、オペラ歌手に
なるため

進学は
音楽大学の声楽科を
志望していたのですが


受験では
ピアノの実技が
必須でした。



ですので、
声楽のレッスン以外にも
ピアノのレッスンなど
受講していたのですが

ピアノが嫌い
(というか苦手)なので

いつもレッスンを
サボっていました。


同じ先生に
習っていたので

「○○くん、どうしてる?
今度あったら、
レッスン来るように
言っといてね」

とよく、
その友達のことを
訊かれました。



音大受験のための
レッスンになると

通常の受講費より
高くなるので

友人の○○くんは
毎回、お金をドブに
捨てているような
ものです。



そして、
受験が近づくにつれ
嫌々ながらも

レッスンに足を運ぶように
なりましたが・・


音大受験のあと
歓喜の声をあげていました。


「ピアノの実技、
ほんま、嫌やったけど

ピアノの先生、
スケールだけは
しっかり練習しなさい!

と言われて
ほんまにそれだけやってたら

初見で弾くやつ
うまくできたわー
(関西弁)」


と。



そして、その友人は
音大にも無事に合格し、

現在では
プロのオペラ歌手に
なっています。



こういった話を
以前から聞いていたので

すべてのスケールを
スラスラとできるように

練習しておくことは
とても大切なんだな〜


感じていたのですが


各調で
どこに#(シャープ)や
b(フラット)が
使われるのか

覚えるのは
本当に面倒です。


私の場合
いつも後回しに
していました。



しかし、今回付属される
この音声は、

#(シャープ)や
b(フラット)をつけて
歌っている音声なので

聞いているだけで
自然と覚えられると
思います。



もし、ご興味
ありましたら

以下のページで
最後のほう。

サンプル音声を
用意していますので

ぜひ確認してみて
ください。

http://eartraining.jp/hint/




緒方晶圭




banner_03.gif

なぜ!あなたの音感はよくならないのか?

毎日楽器を練習しても音楽スクールやレッスンに通っても
全く音感がよくならなかった人が短期間で
耳コピできるようになったトレーニング法とは?

音大受験性が丸暗記するほど練習している教材を
ドレミ音声で聞き流しトレーニング!

楽器を演奏するひとも、歌をうたうひとも、作曲やアレンジしたい人も
とにかく音感をよくしたいひと必見です

あなたの音感がよくならない理由