同じ「ド→ミ」でも違って聞こえる

緒方です、
こんにちは。


前回、絶対音感は、
「音の高さ」を
丸暗記することに
対して


相対音感は
「音の距離」を
丸暗記する、

ということを
お伝えしました。



そして、
同じ「ドとミ」でも

状況などによって
違って聞こえてしまう
ことがあるので

いろいろなパターンで
練習する必要がある、

ということなど
お伝えしました。



そこで、
もしかすると

この
「状況によって違って
聞こえる」

という意味が
あまり
よくわからなかったかも
しれませんので

少し補足して
おきたいと思います。



ここでいう状況とは
色々ありますが


まずカンタンな例から
挙げると・・


例えば、4拍子の

1拍目から、
「ド→ミ」と進む場合と

4拍目から
次の小節目の1
拍目にかけて

「ド→ミ」と進む場合が
あったとします。



たしかに
同じ「ド→ミ」の
音程なので

音程にフォーカス
すれば

同じに聞こえるはず
なのですが


リズム面で
4拍めの「弱拍」の
性質から

「ドレミ・・」を
意識せずに

音楽を聞く習慣がない
ひとの場合

なんとなく違ったふうに
聞こえてしまいます。



もうひとつリズム面で
音程がわかりにくくなる例を
挙げるとすると

クリスマスの曲で

「もろびとこぞりて」
という曲がありますが


はじめの出だしは

「ドーシっラソー・
ふぁミーレード」と

実は
ドレミファソラシドを

上から順に
ドシラソファミレド
と降りているだけ
なんですね。



しかし、これに
リズムが入ったり

伴奏がはいったり

歌詞が加わったりする
ことで


ドレミ・・で
分析することに
慣れていないと


まったく
別なもののように
感じてしまうという
わけです。



リズム以外にも

「ド→ミ」の前に
違う音程が入る場合


例えば、

「ミ→ソ」のあとに
「ド→ミ」が来る場合と


「ファ→ラ」のあとに
「ド→ミ」が来る場合と
では、

同じ「ド→ミ」でも
なんとなく違って聞こえたり



ただ単純に
「ミ→ド」と順番を
変えるだけで

音の距離(音程)が
違うように感じてしまう
場合もあります。



もう少し難しい例
であれば

「ド→ミ」の間に
何か別の音を入れる、


例えば

「ド→(ソ)→ミ」
の場合と

「ド→(ラ)→ミ」
の場合などで


あいだに他の音が
入ったとしても

同じ「ド→ミ」の
音程だと

感じることが
できるか?

などです。



その他にも
伴奏のコードが違う場合
など

考えられる状況は
いろいろありますが


このように同じ
「ドとミ」の音程でも

リズムやパターン、
伴奏のハーモニーで

違ったように
聞こえたりすると
いうわけです。



ですので、
より高度な(相対)音感を
持つためには

単純に「ドとミ」の
音程を

繰り返し聞くような
練習だけでは

少し練習不足で


コールユーブンゲン
など

いろいろなパターンで
作られている
練習曲もやっていくことが
大切だと思います。



いろいろな教材が
ありますので
ご自身にあったものを
選ぶのがよいと思いますが


日本では、
音大受験で使われていたり

現在の音楽の
専門家のひとたちが

音楽学校などで
慣れ親しんでいるという
理由から

私自身は
コールユーブンゲンを
勧めているというわけです。



もし、コールユーブンゲン
について

もう少し確認したい
ことなどあれば、

以下のページにも
内容について、いろいろと
書いていますので
あわせて、ご確認ください。

http://eartraining.jp/mets/letter/


banner_03.gif

なぜ!あなたの音感はよくならないのか?

毎日楽器を練習しても音楽スクールやレッスンに通っても
全く音感がよくならなかった人が短期間で
耳コピできるようになったトレーニング法とは?

音大受験性が丸暗記するほど練習している教材を
ドレミ音声で聞き流しトレーニング!

楽器を演奏するひとも、歌をうたうひとも、作曲やアレンジしたい人も
とにかく音感をよくしたいひと必見です

あなたの音感がよくならない理由