音感よくても「音ち」に聞こえる原因

緒方です、
こんにちは。


前回は、
モーツァルトの
時代が

現在の基準音
(A=440Hz)
より

半音ほど低かった
など、

これまで
基準音がどのように
変わってきたのか

について
お伝えしました。



そのような理由から
絶対音感を持っていた
としても

チューニングする
音や

基準音が
変更されるたびに

微妙にピッチを
調整しなければ

音楽がおかしくなって
しまうので


絶対音感を
持っていようと

持ってなかろうと
微妙にピッチを調整したり

相対的に音楽を
聞き取るスキルも必要
だということが

わかっていただけた
と思います。



ところで、今回は、
音感がよくても

カラオケなどで
歌ってみると

音痴(おんち)に
聞こえてしまう場合
について

原因とその対処方法を
お伝えします。



−−−−−−−−−−−−−−−

音感よくても
「音痴」に

聞こえてしまう
原因とは

−−−−−−−−−−−−−−−


フツーに考えると
音感がよかったら

「きっと歌もうまいはず!」

と考えてしまうと
思います。



たしかに、
音感がよくないより

よいほうが
うまく歌うために
有利なのですが

それでも
歌ってみると
うまく歌えなかったり

音痴に聞こえてしまう
ことがあります。



その理由は
いろいろと考えられるのですが

大きく分けると
2つの原因に分類できる
と思います。



■イメージ通り声が出ない


まず、ひとつめは、

頭の中で
イメージしている
音が

うまく声に
出せていない場合
です。



いくら音感がよくて
頭の中で
正確な音程を
イメージできても

それをしっかりと
声に出せなければ

音が外れて
聞こえてしまいます。



一瞬のタイミングで
正確な音程の声を
出すことや


長い音符などで
一定の音程を保つことは

あまり練習して
いなければ

意外と
難しいのです。



特に、音楽を
歌からやり始めた
のではなく

楽器から始めた方で
歌う習慣が
あまりない場合、


頭の中の音と
自身の発する声との

音程のズレが
自分自身で
わかってしまうため

歌に自信が
なくなってしまう
場合があります。



その場合、
自分自身のイメージ
する音を

声に出せるよう
にする練習や

ボイストレーニングなどの
レッスンで
改善できるように
なると思います。




そして、音感よくても
「音痴」に
聞こえてしまう原因

その2つめは・・・


少し長くなって
しまったので

また次回にしますね。




緒方晶圭



追伸:
イメージした
音の高さと

声をあわせる
トレーニングに
ついてですが


とりあえず
すぐに効果の出やすい

簡単な方法をひとつ
紹介しておきます。



■声と音のズレをなくす練習

1.ピアノやキーボードなど
でうたいやすい音をひとつだす。

2.その音にあわせて声をだす

3.ちがう音で1〜2をくりかえす。


この方法を
毎日5〜10分ほど
やることで

徐々にかもしれませんが
うまく歌えるように
なるとおもいます。



実際に海外で
活躍されている
プロのボーカリストに

直接、
聞いた方法です。


もし、同じような
悩みで困っていましたら
ぜひ試してみてください。



banner_03.gif

なぜ!あなたの音感はよくならないのか?

毎日楽器を練習しても音楽スクールやレッスンに通っても
全く音感がよくならなかった人が短期間で
耳コピできるようになったトレーニング法とは?

音大受験性が丸暗記するほど練習している教材を
ドレミ音声で聞き流しトレーニング!

楽器を演奏するひとも、歌をうたうひとも、作曲やアレンジしたい人も
とにかく音感をよくしたいひと必見です

あなたの音感がよくならない理由